長左ェ門日記


20170413-002-_DSC6661.jpg

今年も多くの方に来ていただいた大阪タカシマヤの催事も火曜日までになりました。
期間中に何度もお越しいただいたお客様もあり、本当にありがとうございます。

さて、泉州たまねぎは余すことなくお料理に使っていただいていると思いますが、不意にちょっとだけ残っちゃったってことありませんか?

なにか料理やサラダにするには少ないし、でも捨てちゃうのももったいないし。

そんな時には泉州たまねぎのミニバーガーとかはどうでしょうか?

20170413-001-_DSC6655.jpg

サクサクと細切りやスライスにして、お手頃なパンで挟んじゃう。
もちろん、ドレッシングもかけてオッケー。


バターやジャムで食べるパンもいいですが、泉州たまねぎだけのパンっていうのも気軽に一口でいけます。

大阪タカシマヤの催事も折り返し、多くのお客様に覚えていただいていてとてもうれしいです。

土曜日の大阪タカシマヤは20時30分までの営業で、ちょっと遅くなっても間に合います。

さて、夜遅くにちょっとお腹がすいて

「コンビニ行こうかな、でも夜遅いからなー、気になるなー」
「たまねぎだけちょこっとのこってるなー」

20170511-001-_DSC6906_2.jpg

時には泉州たまねぎヌードルなんてどうでしょう?

20170511-007-_DSC6957.jpg

電子レンジOKな器に適量のたまねぎスライスを移して

20170511-002-_DSC6915.jpg

鶏ガラスープの素なんかを大さじ半分から1ぐらい。

20170511-003-_DSC6921.jpg

200ml のお湯を加えて、電子レンジで1分ぐらい。

20170511-004-_DSC6930.jpg

ちょっと、くったりしたら

20170511-005-_DSC6938.jpg

好きなものを付け合わせてできあがり。
レモンやパクチーなんかを合わせると、昼間の疲れもとれそうです。

20170511-006-_DSC6942.jpg

よし、折り返しがんばるぞ

やっぱり旬の時期の野菜はその時のおいしさや楽しみ方があったりします。

そこで、泉州たまねぎをまるごと煮てみました。

20170410-001-_DSC6575.jpg

外側の皮をむいて、ヘタを切り落とさずに切り込みを入れてたっぷりのお出汁で煮るだけ。
お尻側に切り込みを放射状に入れれば、見た目はきれいに上から入れれば箸をいれやすくなります。


本当に簡単で、泉州たまねぎを丸ごと味わえるのでお勧めです。

ほかにも楽しみ方はいろいろあるので、大阪タカシマヤでお待ちしています。
金曜日、土曜日の大阪タカシマヤは20時30分までの営業で、ちょっと遅くなっても間に合います。

今年も大阪タカシマヤで泉州たまねぎの販売をさせていただきます。

各所での催事販売は皆様と直接お会いできる貴重な機会。
今年も大阪タカシマヤで催事をさせていただくことができました。

20170507-002-_DSC6856.jpg

今年の採れたて泉州たまねぎを用意して、大阪タカシマヤでお待ちしていますのでぜひお立ち寄りください

20170503-001-_DSC6787.jpg

まだかまだかと、お問い合わせを多くいただいていましたが
今年も泉州たまねぎの販売を開始しました。

泉州たまねぎを購入する - 長左エ門(ちょうざえもん) 射手矢農園オンラインストア

できるだけ収穫から時間をおかないでお届けしたいと思っています。
そのため、多少の土や砂がついているかもしれません。

収穫からあまり手を加えないでお届けするためですので、なにとぞご了承ください。

20170503-002-_DSC6791.jpg

5月17日からは大阪タカシマヤでも販売をさせていただきますので、お近くにお越しの方はぜひ足を運んでみてください。

20170409-001-_DSC6229.jpg

関西の土曜日お昼と言えば「せやねん!」
その中でも苦手なお野菜を克服するコーナー、土肥ポン太さんの「土肥ベジ太ブル」で射手矢農園にきていただきました。

やっぱりあの独特の辛みが苦手っていう人は大人でも結構いらっしゃったりします。
そこで射手矢農園の泉州たまねぎを食べてもらおうということになりました。

20170409-002-_DSC6126.jpg

畑にポン太さんとたまねぎが苦手なお兄ちゃんたち。

20170409-003-_DSC5926.jpg

カメラの前だから、なのかそれとも苦手なたまねぎの克服、ましてやたまねぎの畑にきてなのか、お兄ちゃんはちょっと硬い表情ですが、そこはポン太さん盛り上げてくれます。

妹ちゃんはたまねぎ大丈夫みたいで、畑からたまねぎ引っこ抜いたりしてくれています。

20170409-004-_DSC6166.jpg


中身は...こんな感じ

20170409-005-_DSC6276.jpg


もちろん、たまねぎを畑から引っこ抜くだけだと出荷はできないので、ふだん射手矢農園で行っているように根っこの部分と葉っぱの部分を専用の鎌で切り落とします。

20170409-006-_DSC6300.jpg

これでスーパーでよく見慣れた姿になりましたね。

さて、ここからはいくつかのお料理を出すんですが、ポン太さんのこの表情

20170409-007-_DSC6438.jpg

はたしてお兄ちゃんはたまねぎを克服できるのか、それとも、、、

20170409-008-_DSC6442.jpg

ちなみに、最後はこんなに仲良くなりました。

20170409-009-_DSC6473.jpg

前の場所での横綱昇進に続いて、2場所連続優勝おめでとうございます。

連勝が続いていた13日目には肩を痛めつつ、それでも土俵に立ちつづける姿には多くの方が感動されたと思います。

そんな大阪場所ですが、優勝した力士に贈られる「大阪府知事賞」の副賞に射手矢農園も協力をさせていただき、「射手矢さんちの泉州たまねぎドレッシング(240本)」を稀勢の里が所属する田子ノ浦部屋へお届けすることになりました。

大阪府/報道発表資料/大相撲三月場所(大阪場所)千秋楽で知事が幕内優勝力士へ大阪府知事賞を贈呈します

射手矢さんちの泉州たまねぎドレッシング 500ml - 長左エ門(ちょうざえもん) 射手矢農園 オンラインストア

20160911-_DSC9955-001.jpg

射手矢農園の若い衆もサラダだけでなくどんぶりに盛った卵かけごはんなどいろんなものに、たっぷり使うのでお相撲さんがどんな使い方をするのか、はたまた240本で足りるのか興味津々です。

改めて、稀勢の里関優勝おめでとうございます。

今年も泉州キャベツを支えてくれている方々が集まっていただき、泉州キャベツの収穫祭を行うことができました。

泉州キャベツはいろいろなご縁で、飲食店の方をはじめ野菜ソムリエのみなさんやラジオのDJ、販売店の方に知ってもらうことができました。


天気もよくて絶好の泉州キャベツびよりで

うれしくて仕方がないです。

20170227-001-_DSC5099.jpg

さっそく、ひととおりの説明をして

20170227-002-_DSC4702.jpg

キャベツ畑に入ってもらいます。

20170227-003-_DSC4723.jpg

20170227-004-_DSC4725.jpg20170227-005-_DSC4739.jpg

千陽(ちはる)のお二人をはじめ

20170227-006-_DSC4741.jpg

飲食店の方々に

20170227-007-_DSC5146.jpg20170227-008-_DSC5124.jpg

20170227-009-_DSC5115.jpg

農家の方も

20170227-011-_DSC5193.jpg

20170227-010-_DSC5198.jpg20170227-012-_DSC5077.jpg

いつも手伝ってくれたり支えてくれるみなさんに収穫の体験をしてもらいました。

20170227-013-_DSC5028.jpg

20170227-014-_DSC5107.jpg20170227-015-_DSC5172.jpg

20170227-016-_DSC5169.jpg20170227-017-_DSC5175.jpg

20170227-019-_DSC5189.jpg

20170227-018-_DSC4853.jpg20170227-020-_DSC4769.jpg

20170227-021-_DSC4775.jpg20170227-022-_DSC5154.jpg

20170227-023-_DSC5158.jpg20170227-024-_DSC5177.jpg

20170227-025-_DSC5183.jpg20170227-026-_DSC5201.jpg

20170227-027-_DSC4865.jpg

収穫後は、

20170227-028-_DSC4840.jpg

飲食スペースとして倉庫を使ってもらい

20170227-029-_DSC4883.jpg

泉州キャベツではやっぱりお好み焼ですね。

20170227-030-_DSC4662.jpg

たびたびこのブログでも登場する

難波のねぎ焼といえばの福太郎さん
西成の知る人ぞ知るお好み焼、でんさん
西田辺と福島のすき焼きそばで有名な千陽(ちはる)さん

20170227-032-_DSC4987.jpg

20170227-031-_DSC4911.jpg

さらには
モノリスの角谷シェフと
ドゥアッシュの中田シェフ

20170227-033-_DSC4979.jpg

20170227-034-_DSC4982.jpg

お肉、すごい

20170227-064-_DSC4669.jpg

この人がきっかけと言ってもいいかもしれない、新開さん

20170227-035-_DSC4983.jpg

健康志向の人から大注目のこめ油の築野食品工業さんとその油でからっと揚げたコロッケを提供してくれました
サクサクはこめ油、ほくほくはジャガイモとはっきりわかるぐらいです。
もちろん、すっきりとしたクセのないこめ油はドレッシングにも向いているので射手矢さんちの泉州たまねぎドレッシングでも使われていますよ!

泉州たまねぎドレッシング - 長左エ門(ちょうざえもん) 射手矢農園 オンラインストア

20170227-037-_DSC4930.jpg

20170227-038-_DSC4675.jpg20170227-039-_DSC4973.jpg


富山テレビにも出演された崔家の健美鍋

20170227-036-_DSC4904.jpg

麻婆キャベツを用意してくれた黒龍天神樓とオマールエビのorb

20170227-041-_DSC5013.jpg

20170227-040-_DSC4968.jpg

テレビにも取り上げられた、泉佐野のキッシュと言えばFlourbee

20170227-042-_DSC4944.jpg

堺を中心にうどんのお店を展開している、かわいいねこのキャラクターでおなじみののらやさん

20170227-043-_DSC4683.jpg

暖房も入っていないのにホットな空気にしてくれるのは飲食ブースの人だけではありませんでした。

FM COCOLOでおなじみの 野菜ソムリエなDJ KIYOMIさんとハッシー

20170227-045-_DSC4697.jpg

来てくれた人に登壇してもらって、ご紹介していただきました。

20170227-046-_DSC4933.jpg

20170227-047-_DSC4998.jpg20170227-048-_DSC5096.jpg

なかにはバケツをドラムにした、バケツドラマー MASA さんのパフォーマンスなんかもありました。

20170227-049-_DSC5079.jpg

ご本人からアップロードの許可をいただきましたので、少しだけ

本当にありがとうございました。


おいしい泉州キャベツをよりおいしくしてくれる人たちがいてくれるからこそ、おいしさが伝わるんだと思います。

販売ブースでも多くの方にご協力いただき、来ていただいたお客様にも好評だったようです。

20170227-050-_DSC4912.jpg

20170227-051-_DSC4873.jpg20170227-052-_DSC4875.jpg


奈良のハーブやイチゴ古都華でちちんぷいぷいに出演された寺田農園

20170227-053-_DSC4786.jpg

泉州と言えば、水なすですが大阪湾に面した泉州地域で古くから食べられているじゃこと水なすの料理、じゃこごうこをジュレにしたマコト商店さんに、こちらも泉州の特産、タオルを作っているふくろやタオルさん

20170227-056-_DSC4994.jpg

お好み焼きにはかかせない、たまごがおいしいヨシダタマゴさん

20170227-055-_DSC4992.jpg

包近の桃といえばギネスに登録てるというほどの糖度、そんな桃を輩出した松本さん

20170227-058-_DSC4795.jpg

トマト農園の石見と書いていわみさん

20170227-057-_DSC5007.jpg

こちらも、ちちんぷいぷい出演のおしゃれな豆菓子の富士屋製菓さん

20170227-054-_DSC4878.jpg

南海電車の難波駅で野菜を売っている、泉州アグリ ねね屋さん

20170227-059-_DSC4831.jpg

茨城県より来ていただいたファームアベタさんと、農家の台所 新宿店の方がソルトリーフを

20170227-060-_DSC4805.jpg

そのアベタさんを師匠と慕う、富田林のアーバンファーム ASAOKAさん

20170227-001-_DSC4923.jpg

和歌山の南部で梅農家の垣淵さん

20170227-061-_DSC4812.jpg

富田林の自家栽培の新鮮なバジルでつくるバジルソースのその名もbasil.sc

20170227-062-_DSC4918.jpg

ほかにも差し入れと言って、トマトをおいて行ってくれた木下ファームさんや、金魚の形をした醤油入れ(ランチャームっていうらしいです)のアサヒパックさんもきてくれました。

20170227-063-_DSC5036.jpg

多くの皆様に支えられて射手矢農園と泉州キャベツはあります。

今回も本当にありがとうございました。

貴重なご縁から、崔家の健美鍋さんが富山テレビさんからの取材でテレビクルーとご来園くださいました。
これで射手矢農園も富山デビューです。

富山のみなさん、射手矢農園ですよ!

20170202-001-_DSC4192.jpg

残念ながら大阪では見ることができない番組ですが

富山テレビの「富山いかが de SHOW」のいちコーナー「ごち旅グルメ」で崔家の健美鍋さんが紹介される予定です。
BBTWEB|富山いかがdeSHOW 毎週土曜ひる11時30分生放送

20170202-002-_DSC4239.jpg

遠路はるばる、お越しいただいて少しの間だけでしたがどのような放送になるのか楽しみです。
放送を見ることができないのは残念ですが、崔家の健美鍋とあわせて射手矢農園もよろしくお願いします。

20170202-003-_DSC4293.jpg

もつ鍋のお取り寄せ 崔家の健美鍋

20170202-001-_DSC4231.jpg

おかげさまで、今シーズンの松波キャベツもあとわずかです。
射手矢農園では泉州キャベツとして彩音の収穫にも入りますので松波の次は彩音にバトンタッチですね。

10日に松波キャベツの注文を休止し、20日ごろから彩音のご注文を再開する予定になっています。

泉州のキャベツを楽しみにされている方々にはご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

タロウです

泉州たまねぎとは

たまねぎのある風景