長左ェ門日記

cab_003.jpg

仲良くさせてもらっている料理研究家さんのところに行っている生徒さんから、おいしそうなキャベツ料理の写真をいただきました。

ほぼ、まるごとキャベツです。
さすがにおいしそうです。

キャベツの形を残したままキレイに料理してくれて、松波キャベツも喜んでると思います。
芯の部分もまるごと食べられるようしてくれたんですが、どうしても火の通りが葉の部分と差があって苦労されたみたいですが、まるごとキャベツの他にも食べる鰹節と一緒にキャベツを和えるというのも挑戦してくれてほんとにうまく使ってくれてます。

cab_002.jpgcab_004.jpg

料理研究家 acosmileさんのブログ
心地いいやさしい食卓 - Yahoo!ブログ
まるてん・かつおぶしどっとこむ

cab_001.jpg

DSC_1101.jpg

農家も畑だけにいるわけじゃないんです!
他の野菜や農産物を作っている農家さんのところへ行っていろんな勉強をしてるんです。

見学しにいったのは、小松菜のしものファームさんとハーブの寺田農園さん。

珍しくスーツを着ている、うちの若い子がもっているのはシーラーという、小松菜の種が均等に入っているモノでトウモロコシでできています。

周年栽培で小松菜をハウス1.5ヘクタール もやっているんです。
やりてです!

DSC_1116.jpg
こちらの寺田農園さんは通年を通して水耕で多品種のハーブやいちごを作っています。

結構これがおもしろくて、農家はどうしても特定の品目に集中して作るのでノウハウが特定の品目にかたよってしまいがちなんですが、まったく別の品目を作っている農家の所にいってみると意外とおもしろい発見があったりするんです。

反対にまったく違う品目でも同じようなところに目をつけていたり、共感できる部分も多いのもおもしろいところ。

いろいろと、あんなことをしたらおもしろいんじゃないかとか、新しいことに挑戦するのもおもしろいものです。

DSC_1114.jpgDSC_1105.jpg

DSC_1117.jpg

小松菜のしものファーム
好きやから百姓やってます --- 寺田農園ハーブ畑<奈良県葛城市> --- ハーブのことならお任せください

タロウです

泉州たまねぎとは

たまねぎのある風景

携帯はじめました

タロウです

泉州たまねぎとは

たまねぎのある風景

携帯はじめました