長左ェ門日記

20161129-001-_DSC2523.jpg

甲子園って行ったことありますか?

20161129-002-_DSC2676.jpg

では、甲子園のマウンド降りたことあります?

20161129-003-_DSC2296.jpg

ライト側からはこんな風景なんです

20161129-004-_DSC2286.jpg

ちょっと自慢をすると、甲子園で行われたお好み焼 でん 10周年のイベントに参加してきました。

20161129-005-_DSC2471.jpg

もう、こんな場所にいけるなんて

20161129-006-_DSC2372.jpg20161129-007-_DSC2431.jpg

みんな、はしゃぎますよね。

20161129-008-_DSC2422.jpg

20161129-009-_DSC2425.jpg

東北からも縁のある方に来てもらって、生産者、飲食店、東北、阪神ファンなどの4チームにわかれて時間の許す限り楽しんでます。

20161129-010-_DSC2403.jpg

富田林の農家もマウンドに立てば、かっこいい

20161129-011-_DSC2036.jpg

打たれてもかっこいい

20161129-012-_DSC2055.jpg

子供だってかっこいい

20161129-013-_DSC2133.jpg

射手矢農園だって、がんばる

20161129-014-_DSC2324.jpg

とりあえず、スライディングはする

20161129-015-_DSC2349.jpg

楽しい!

20161129-016-_DSC2366.jpg

楽しい!

20161129-017-_DSC2606.jpg

打席に立てて、

20161129-018-_DSC2045.jpg

誰もいないけど、スタンドに手を振ってみる

20161129-019-_DSC2660.jpg

そんな楽しい思いができるのはこの人のおかげです。

20161129-020-_DSC2495.jpg

打席に立って...

20161129-021-_DSC2739.jpg

へっぴり腰でも楽しいんです。

20161129-022-_DSC2745.jpg

審判の目線から...

20161129-023-_DSC2572.jpg

そんな審判は本物です

20161129-024-_DSC2809.jpg

めっちゃ、かっこいいです。

20161129-025-_DSC2817.jpg

20161129-026-_DSC2822.jpg

真剣!

20161129-027-_DSC2833.jpg

20161129-028-_DSC2838.jpg

ウグイス嬢にも来ていただいて

20161129-029-_DSC1995.jpg

たのしい時間をありがとう!

20161129-030-_DSC2902.jpg

これは、みんな笑顔になるわ!

20161129-031-_DSC2646.jpg

茹でるだけの落花生に、もうひとひねりいかがでしょう?

20161029-_DSC1529-003.jpg

落花生のはちみつ漬けです。
といっても、時間をおいてもいいしすぐに食べてもOK。
なんなら、クラッシュして落花生とはちみつのソースみたいにパンなんかにもつけることができて、ちょっとしたアクセントにいいかもしれません。


茹でるところまでは一緒で、ちょっと水分を飛ばすためにフライパンで少し水気を飛ばしてしまいます。

20161029-_DSC1458-001.jpg

あとはお好きなビンなどの保存容器にはちみつを入れるだけ。

20161029-_DSC1514-002.jpg

温度の低すぎるところに保管すると、はちみつが白く結晶化してしまいますがその時はちょっとあたためてあげて下さいね。

ちなみにはちみつが白く結晶化するのは、悪くなっているわけではないので安心していただいても大丈夫です。


さて、生の落花生のお味はいかがでしたでしょうか?

もちろん、食べるときは茹でるなり炒るなりして熱を加えていただく必要があるんですが、茹で方はどうするのとご質問をいただくことがあります。

そこで、簡単に茹でるポイントを。

掘りたてなので土が少しついてたりしますのでよく土を洗い落とす。

20161020-_DSC1344-001.jpg

3%から4%程度の塩いれて10分から20分ほど茹でる

20161020-_DSC1363-002.jpg

火をとめて10分ほど、茹でた鍋の中で塩をなじませる

20161020-_DSC1375-001.jpg

最後の塩をなじませる時間で、お好みの塩加減を調整してください
これ以上、塩を効かせたくないなというときはザルにあげてください。

これでホクホクの茹でたて落花生ができあがり

20161020-_DSC1425-004.jpg

鍋のなかでそのままにしちゃうと、どんどん塩がきつくなってしまいます。

20161020-_DSC1373-001.jpg

ということで、足りなくなったら大阪タカシマヤぜひ。
8日まで落花生は買えます!

20161020-_DSC1339-001.jpg

2日から、大阪タカシマヤで一週間「生」の落花生をご用意してお待ちしております。

落花生と言えば、乾燥させて炒ったものというイメージがありますが、これがどっこい生の落花生も茹でたてはホクホクでおいしいんです。

生の落花生を食べたことがない方はもちろん、去年食べたよという方も、落花生一大産地の出身の方もぜひお越しください。
掘りたて、土付きの新鮮な落花生が食べられるチャンスは今だけです。

大阪タカシマヤの地下1階、食品売り場の催事スペースでお待ちしております。

タロウです

泉州たまねぎとは

たまねぎのある風景

携帯はじめました

タロウです

泉州たまねぎとは

たまねぎのある風景

携帯はじめました